もふもふ団のブログ

もふもふ団はMMORPG Blade&Soul(ブレイドアンドソウル)で活動するリン族によるリン族の為のまったり、自由がモットーの門派です!デイリークエが中心で雑談もあり、分からない事があればお互い教え合ったりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和織の冒険 第4話

サムネ

竹林村を出た和織。

悲しい思い出と大きな希望を、その小さな胸に秘めて村から離れた場所にある
集落の「自警団詰所」へと向かうのであった。が・・・

060.jpg


あたちは、珍しいものがあると、すぐに見に行っちゃうんです。
だから、すぐに着くって聞いてたけどこんな時間になっちゃった・・・。

まぁ、大丈夫だよね^^

そしてようやくたどり着いた詰所で、サンジというおじさんに会いました。

061.jpg

これでお使いは終わりなのですが、何やらお困りの様子ですね。

話を聞くと、竹林村のあの村長さんが、近くの洞窟に行って戻ってこないらしいのです。

探しに行かねばならないらしいですが、色々と忙しそう・・・。

よし、個々はあたちが見てくることにしました!


ついでといっては何ですが、すぐ横にインパクトのある女性が立っていました。

ため息をついてて、正直あまり話しかけたくないなと思っちゃいましたが、
卯美々おねえちゃんなら、ちゃんと聞いてあげるでしょうから、
話しかけてみました。

062.jpg

ん~、背が低い人なので、お顔がよく見えましたが、皺が深いですね!
おばあちゃんでしたか!!

お年寄りならば仕方ありませんw
調べてあげることにしました^^

するとまた隣にいる赤い髪の人が話しかけてきました。

063.jpg

他の人も話しかけてくれます・・・。
064.jpg


こうして、あたちはお使いが増えていきました・・・。

065.jpg

066.jpg


竹林村で薬を飲んだ人ですね!
もぅ、無茶したらダメなのに・・・。

067.jpg

材料を集めて、薬師さんに渡すと、お薬をもらいました。
それをすぐに渡して、飲ませると効果があったようです^^
068.jpg

ちょっと頭の打ち所が悪かったのかな?


ま、これで次は洞窟ですね。
おばちゃんの件も、この奥が怪しいみたいですので一石二鳥かもです!

っと、その時、あたちに書状が!

「洞窟の奥で待つ?」
怪しいですが、何かがあってはいけませんね!

こうなったら一石三鳥です!!
069.jpg

入ってすぐ、村長さん発見!

070.jpg

ん~、化け物じゃないですね。ちょっと残念・・・。
何にせよ、早く帰りなさいなのです!

そして奥の方。海賊さんたちがいっぱいです!

071.jpg

一番えらそうな海賊さんを倒したら、書状がありました!
目を通しましたが・・・、心配要らなかったですねw

よし、これで二つ終わりましたので、後一つです!
072.jpg

そこに一人の怪しい影!

突然、「力を見せろ!」といって攻撃してきました!!
問答無用というわけですね!
それであたちは、お師匠様たちに習った武功を使って戦いました。

でも、あまり効いてないみたい?!

すると大きく間合いを取った怪しい人は、高らかに笑います。
「あれ?まだ気づかないのか!」

そういって口元を大きく隠していたマスクをはぐ。
そこで見た姿は!!

073.jpg

信じられませんでした!
でも、本当にあのユウ先輩です>ω<

嬉しくて、駆け寄りながら、なぜか目から涙がこぼれちゃいます・・・。

なんでも、あの状態から一生懸命逃げて、あのおばあちゃんたちに助けてもらったみたいですw

嬉しい。他のみんなはいないけど、ユウ先輩が生きてくれてた!
でも、あたちの力を強くするため、別行動をするらしいです。

せっかく会えたのに・・・。ちょっと寂しい・・・。
でも、あたちのためなので、必ずまた会う約束をして、あたちのお使いは無事に終了しました!!

074.jpg

ちょっと遅くなったけど、何とか帰ったあたちです。
でも、サンジおじさんはまたまた困った顔をしてます。

なんでも、あたちに会いに、ドリンさんの息子さんと、
ソユおねえちゃんが来てるらしいのです。

075.jpg

んー、おじちゃんスケベさんですか・・・。(名前だけに?!

何にせよ、会いに向かった先で、言い争うお二人。

076.jpg

この後、あたちに目も向けずに息子さんは出て行っちゃいました。

077.jpg

椅子に上がって、尋ねるあたちに、ソユおねえちゃんは言います。
「お兄様がおじ様に無理を言って、仕事を与えてもらったのですが・・・。
この先の墓場を手伝えを言われて、怖がって逃げるのです。
そして、それをあなたに任せようとしておりまして、ここまで説得しながら参った次第なのです・・・。」

078.jpg

「ありがとうございます。」

例を述べるお姉さんに手を振ってから、あたちは建物を出て行きます。

向かうはこの先にある墓場。
まぁ、あたちは幽霊とかは平気なので、わくわくして駆け出しまちた!

079.jpg

甘酸っぱい匂いが・・・w

そして結局、
080.jpg


つづく・・・。


スポンサーサイト
[ 2014/10/30 20:57 ] わおりのふしぎな冒険記録 | TB(-) | CM(0)

卯美々のもふもふ団日記!

スクリーンショット_141027_001

このブログ用の特別コーナー!(名前未設定

わーばんこっこ―――!卯美々です^^

いつもと違って、これまで撮り貯めたSSの中から、
もふもふ団の皆さんとのSSを貼っておきますねw

お名前載せちゃってますが、ご都合の悪い方は連絡してください!

スクリーンショット_141024_001


スクリーンショット_141027_004



スクリーンショット_141026_081



スクリーンショット_141026_081



スクリーンショット_141026_096



スクリーンショット_141027_004


スクリーンショット_141022_017 (2)



スクリーンショット_141022_007 (2)



スクリーンショット_141023_010



スクリーンショット_141023_009


また、貯まったら載せますね^ω^
[ 2014/10/28 20:36 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

和織の冒険 第3話

サムネ

悲しみの中、海へと落ちた和織。
スクリーンショット_141021_177

体に痛みはない。
今は何も感じない。

ただ、海の底へと落ちていくだけ・・・。
スクリーンショット_141021_178


そんな和織を呼ぶ存在があった。

それは彼女をずっと見守る女性・・・。
仙女だろうか?
優しい微笑を携え、まるで舞い降りるように和織の元へやってくるその自愛に満ちた女性は、意識のない和織に語り掛けました。

wao-03 (1)

「ジン・ヴァレルを止めてください。」
その時、一瞬ですが、その仙女は悲しげな顔をしました。

そして続く言葉・・・。
その言葉は和織に命を吹き込みます。



そして和織の脳裏に浮かんだもの。
wao-03 (2)

その強い意志が彼女を死の淵から呼び戻したのでした。








そして、あたちは呼び声を聞きまちた。
うっすらと開く目。
そこに映ったのは!

スクリーンショット_141021_209

「くまさん?!」
そう思ったので、そのまま死んだフリで寝ちゃいました。



でも、周囲の音にやがて目が開いていきます。

wao-03 (3)

だんだんと意識がはっきりして、体を起こすあたち。

見たことのない場所で、隣に一人の女性があたちを覗き込んでいまちた。

立ち上がると、女性は言います。

wao-03 (4)

ああ、あのクマさんがそのおじさんなんだろうね!
そう思うと、ちょっと申し訳ないような思いもしましたが、
今はこの周りの騒音が気になります。


ひとまず、このソユお姉さんに色々聞くことにしました。
そこで知ったのは、この村に今、海賊たちが押し寄せてきているということ。
助けてくれたクマ><おじさんが「どりん・てんぷう」って言う人だということ。

周りにいっぱい怪我した人がいること。


それらを見て、あたちは決めまちた!

「助けなきゃ!」

そう思うや、建物を飛び出すあたち。
体はまだ痛いけど、それよりも困った人たちを助けなきゃって
その思いが体を動かすの。
wao-03 (5)


飛び交う火の玉、
唸り声や悲鳴、
金属の打ち合う音、
鉄と血の臭い。

戦場ってことは分かる。
でも、怖いなんて気持ちはなかった。

ただ、助けたいという強い思い・・・。

それがあたちを戦いへと導くのでちた。


やがて会ったのはクマのおじさん。あ、ドリンさんだね!
スクリーンショット_141021_226

すごく強い人で、本当にクマのように強い!

お礼を言う前に、同じホン門派ということで、この先の海賊船を
偵察して欲しいって言われちゃいまちた。

それであたちは肯きひとつで戦場を駆けます。


お空にも何かいますね!
スクリーンショット_141021_235

そしてあたちの前に海賊が立ちはだかりまちた!
でも、お師匠様たちに教わった武功は、何も怖がる必要がありません!

wao-03 (6)

そのまま奥へと向かった先で、物陰に潜む人を見つけまちた!
ニキビいっぱいの怖がりなその人は「こぽん」と言う人でした。
wao-03 (7)

なんでも、ドリンさんの息子さんが捕まってるらしいので、
それは助けなきゃとまたまたがんばります。
スクリーンショット_141021_240

助けましたが、ちょっと残念な人ですね><

そしてこの人が言うのに、海賊船に大砲を打ち込もうとしたが、
見つかって牢に入れられたらしいのです。

おお、残念だけどすごいことを考える人だと、ちょっと見直しまちた。

で、一緒にそこに向かうと、大砲や弾がそのまま置いてあります!

慌ていたから、片付けなかったのか?
万が一ってことを考えなかったのか?
神様が、贈り物をしてくれているのか?

などと色々考えているうちに、3人で大砲を海賊船に打ち込みまちた!
wao-03 (8)


すごい音!そして同時に海賊船は見る見る炎に巻かれます!
大セイコー^^
スクリーンショット_141021_244

と思いきや、何かまた変な人が現れまちた!
すると、コポン君が寄りいっそう体を震わせます!
どうやら敵の大将さんですね!

なかなかの剣さばきですが、先輩たちに比べたら
まだまだです!

少ししたら、海賊たちは引き上げたのでちた!


それから太陽が昇ってあたちは竹林村に戻ってきまちた。
wao-03 (9)

敵が退いてわずかな間に、整然としているのは、村に被害がなかったからでしょう!

そんなあたちに、村の人たちが声をかけてきます。

wao-03 (10)

wao-03 (11)



そして、あたちはドリンさんの家に入っていくのでちた!

中では家族3人がお話をしており、互いにお礼を言いまちた!
そして、ソユお姉さんはあたちに「ぱおぺぇ」という不思議なものをくれまちたw
いいひとです^^
wao-03 (12)

でも、この息子さんは・・・。

それから、ドリンさんに言われて、まずは村長さんに挨拶し、
wao-03 (18)


村のお医者さんのトコにむかいまちた。

wao-03 (13)
なんでも、あたちが助けた人を助けるのに、薬を作りたいらしいのです。
で、その素材集めに向かったのですが・・・。

wao-03 (14)

誰かのために誰かが犠牲というのは・・・。
でも、あの人も助けたいし、あたちもご飯食べてるし・・・。

せめて!

wao-03 (15)

そう思いながら材料集めを終えまちた><

そんな中で
wao-03 (16)


神の声:
「それは花火じゃな~~~い!」


持ち帰って、

wao-03 (17)

といって渡すと、さすがお医者様です。
サザエをお汁にして、怪我した人たちに食べさせてました。

サザエさん、どうもありがとうです(>⊥<)

それからドリンさんのトコに戻ると、
困った顔のドリンさん。
なんでも、隣の村?にある詰所に連絡しに行かなきゃいけないのに、こっちでもやることがいっぱいとのこと!

これは人助けですね!!
ということで、あたちがその役を引き受けたのでちた!
wao-03 (19)

お手伝い、がんばります^^

つづく・・・。
[ 2014/10/28 20:17 ] わおりのふしぎな冒険記録 | TB(-) | CM(0)

卯美々の奮闘記録 月の綺麗な夜はご用心



わんばんこーw卯美々です^^

最近はすっかり寒くなってきてますが、いかがですか?
間違っても、寝落ちして風邪など召さないようにしてくださいね!

それでは、久々のSS日記を始めますw
※SSにはお名前を載せてます。
 ご都合の悪い方は、ご連絡ください。

umi-002.jpg

そしていざ、潜入!

umi-003.jpg

最近、もふもふ団にもUMAを被ってる方、多いですね!

umi-004.jpg


umi-005.jpg



umi-006.jpg


umi-007.jpg


umi-008.jpg


umi-009.jpg


umi-010.jpg


以上、みにたん、るーしぃあちゃんと行った潜入レポートでしたw
さて、お話を戻しましょう。


umi-011.jpg


umi-012.jpg


みなさん、ありがとうです^^
さぁ、お次は新しく「おっぷでぇと」されたあの場所です!

umi-013.jpg


umi-014.jpg


umi-015.jpg


umi-016.jpg


ホント楽しく、よい勉強になりましたw


umi-017.jpg

と、それでは皆さん、失礼します(*´ω`*)



[ 2014/10/26 21:18 ] とある卯美々の奮闘記録 | TB(-) | CM(0)

和織の冒険 第2話

無事に初級訓練を終えた和織。
先に走り去ったムソン先輩のあと、ニコニコしながらお師匠や
ジニーさんにお礼を言おうと洞窟を出たのでした。

サムネ

だが、そこで見たものは、和織にとって信じられない光景だった。


ムソン先輩とユウ先輩が黒い影たちと戦い、その合間をすり抜けて
お師匠の元へ向かう和織。

だが、階段を前に足を止めた和織は、その情景に涙を浮かべる。
waori-0201 (1)

せっかっく仲良くなった友達。
すでに事切れていた・・・。

涙を拭き、只ならぬ状況に階段を駆け上がる。

そしてそこで突如、人影が道を塞ぐ。
咄嗟に避ける和織。
するとその人影は「ずるり」と言う音を立てながら地面へ落ちていく。
waori-0201 (2)

「ああ!」
咄嗟のことで名前が出ないが、3番目の兄弟子だ。
waori-0202.jpg

その向こうでも多くの友達が倒れ伏せていた・・・。

そんな時、聞こえる悲鳴!

その聞き覚えのある声に視線を向ける!
その瞬間、和織の背筋が凍りついた。
waori-0203.jpg


ジニーさんが、黒い女のヒトに斬られ、地面へと倒れていく。

waori-0201 (3)


「ジニーさんっ!!」
そしてすぐそばで、唸る声が聞こえた。おっきい先輩の声だ。
視線を向けると、息も絶え絶えにこちらに叫ぶ。
waori-0201 (4)


「逃げろ・・・。」
そう言い残して大きな先輩は「バタンッ」と地面に突っ伏した。

「な、何で・・・!」
予想できない状況に、和織は思考を停止させる。

そんな中、向こうでお師匠が女のヒトと戦っているのが見えた。

waori-0204.jpg

waori0205.jpg

「お師匠様!」
和織はその姿に唯走りよる行動をとる。

だが、突如目の前に先ほどの黒い影たちが沸きあがった!
waori-0201 (5)

※SS内の台詞は、下のものと置き換えてください。
「じゃ、邪魔しないでぇー!」

習ったばかりの剣術で斬りつけていく和織。
さすがは天下に名の知れたホン門神功。影たちなど敵にならない。
しかし、その数は和織の目の前に、黒い壁を築いていた。

「もぉー、邪魔するなァ―――!!」
waori-0201 (6)

和織は大きくジャンプすると、そのまま滑空で師匠の下へと向かう。

そしてたどり着いた屋根の上。
和織は剣を抜いて立ち向かおうとした。
waori-0201 (7)

「だめじゃ!来てはならんっ、下がっておれ!!」
お師匠の言葉。
それが一瞬の隙。炎が師匠を捕らえる!
waori-0201 (8)

「お師匠様!!」

炎を放ったのは長い黒髪の悲しげな表情の女。
和織は、怒り任せにその前へと飛び、斬りかかった。
waori-0201 (9)

女は無表情のまま、そっと右手を突き出す。

その右手から炎の竜巻が噴きあがり、和織を飲み込もうとした。
waori-0201 (10)

「きゃんっ!」
一瞬の機転で身を翻した和織は、何とか回避するも、地面へ落ちてしまう。

そんな和織を気遣う様に、師匠は近くに寄ってくると、
悪い3人は間合いを取ってこちらを見つめる。
waori-0206.jpg

お師匠様と、真ん中の女は知り合いのようだ。

どうやらお師匠様が持っているらしい剣を欲しがっているようだが、そのために、ジニーさんたちを・・・!

お師匠様に守られるようなあたちの目の前に、突然現れる新たな敵。

それは、さっき洞窟であたちを褒めてくれたムソン先輩だった。
「どうして・・・。」

そんな思いを踏みにじるように嘲り笑うムソン先輩。
和織は何が何だか分からなくて・・・、悲しくて、悔しくて、
両目から涙をぽろぽろと零しながら目の前の4人を睨んだ。

「離れていなさい。」

突然聞こえたお師匠の声。
するとお師匠は杖を地面に突き刺す。
waori-0201 (11)

途端、お師匠様の体が大きく変身していく!

「お、ししょ・・さ、ま?」

凶暴な容姿のお師匠様。
そして気合一発相手に向かって放つと、ムソン・・・が地面を転がっていった。
waori-0207.jpg

waori-0208.jpg


そして次の瞬間には、大きな男と、ジニーさんを斬った女がお師匠様に襲い掛かる。
でも、お師匠様は軽く腕を払っただけで、二人は払い飛ばされた。

続いてリーダーの女が攻撃してくるが、お師匠様は捕まえて
地面に投げつけた。
waori-0201 (13)

圧倒的な力!
もう、驚くしかなかったが、さすがはお師匠様ということだ。
waori-0201 (12)

でも、次の瞬間、お師匠様が構えを見せる。
唸り声とともに両手のひらの中で蒼い玉が光りだす。

そして唸りが聞こえなくなると、その玉を敵に向かって放った。

ものすごい衝撃波が起こって、あたちはその衝撃に吹き飛ばされてしまった。
waori-0201 (14)


さらに、攻撃を試みるお師匠様。
だが、そんなお師匠様にリーダーの女が語る。
「いいのか?生き残った弟子だぞ。」
和織の周りを取り囲む3人。攻撃の手が和織に向いている。

その言葉に動きを止めるお師匠様。
そんなお師匠様に女は続けた。

waori-0201 (15)「弟子を放せ。」

そう言って、元の姿に戻るお師匠様。でも、かなり体が衰弱していた。

そんな姿で地面にあった杖を持つと、その杖の中から青い刃の剣が現れ、それを女へと放ってよこした。
同時に、あたちは解放され、急ぎ足でお師匠様に駆け寄っていく。
waori-0209.jpg

「お師匠様!」
あたちのせいでと、謝ろうと思った。
救ってくれたことにありがとうと言おうとした。
ただただ、涙いっぱいの顔でお師匠様に抱きつこうとした。

なのに・・・。
waori-0210.jpg

waori-0211.jpg


突然背後から黒い物がお師匠様を飲み込んだ。

立ち止まるあたち。
そんなあたちに、お師匠様が言う。

waori-0212.jpg


waori-0201 (16)


そして、その黒い塊に包まれたお師匠様は、着ていた服だけを残して消え去ってしまった。

その服を手に、泣き崩れる和織。
waori-0213.jpg

その後ろで女の歓喜の声が響く。
waori-0214.jpg

「許せない・・・。」

胸にあるのは怒りの炎。

涙でくしゃくしゃになった顔は憎しみを表し、右手は血が出るほどに握りこまれた。
もう、何も考えられなかった。
waori-0201 (18)


そして・・・。
waori-0201 (19)



waori-0201 (20)


斬られた。




成す術もない体は弧を描き、身体からいくつも、何度も黒い霧が
吹き上がっていった。
waori-0201 (21)

やがて地面でなく、重力に引かれた身体は島から落ちていく。
薄れる意識の中で浮かび上がるもの・・・、それは

楽しく接してくれた友達。

優しかった先輩たち。

そして、ひとつの後悔。
waori-0201 (22)


最後に、思うのは謝罪の言葉。

waori-0201 (23)


そして身体は真っ暗な海へと叩き込まれた。

つづく。
[ 2014/10/25 17:46 ] わおりのふしぎな冒険記録 | TB(-) | CM(0)

新衣装とか宝物庫とか!

おはようございます。ミニックです・x・

2014102501.jpg


伝説級入ってる宝箱だと、龍も入っていて豪華版ミニックに進化しました。w。


先日タマが完成してホン門武功を覚えたのもあり、昨日は経験値稼ぎ頑張っちゃいましたw
1→2で75万らしいので、おいしい範囲狩場とか欲しいです(切実)

アプデという事もあり追加衣装も盛り沢山で、いろんなキャラに衣装買ってしまいました

2014102501 (2)

まずはこちら、サムネのミニックもつけてた少女のカチューシャ。
赤と黒基調なのと髪型が強制ちくぱんつヘアーになってロゼッタとの相性が抜群・x・b
実はパ○ツさんに言われて改めてこの髪型がちくぱんつと同じ髪型なのを思い出したのは内緒。x。

2014102501 (3)

みにーぬには購入検討中ですが多分買うと思いますw

2014102501 (4)
2014102501 (5)

その代りに極光の衣と赤い影の衣はどちらもみにーぬに購入しました

2014102501 (6)
2014102501 (7)

元々ジン族限定衣装だったのもあり、高身長のみにーぬに凄く合いますね・x・

2014102501 (8)
2014102501 (9)

他にも宝物庫で金鍵もらったので9回ほど開けた結果
古い軍服が当たりました╭( ・ㅂ・)و
1日だけど(´・ω・`)

2014102501 (10)
2014102501 (11)

初期のころに販売されてた報復の服
買っておけばよかったと今頃後悔(ノ∀`)
これも一日限定(ry

2014102501 (12)

2014102501 (13)

こちらは天鳥の巣で出る衣装ですが3日限定のが宝物庫から
私的にみにーぬに着せたい衣装トップ3に入ってたので、試しに着れてよかったです・x・






そしてこの宝物庫君らせんアプデ前まではというと・・・

2014102501 (14)

海蛇ピザ(いらない、高い)




2014102501 (15)

火炎なんとかの角(ボッタ)


こんなゴミを連発してゴミ箱よばわりしてましたが(3キャラやって服も一度も出てません)

2014102501 (16)

燃えさかる六角金剛きた!

丁度みにーぬが攻撃金剛持ってなかったのでよかったのですが、取引不可でみにたんに送れなかったのがちょっと残念_( _ ´ω`)_

2014102501 (17)

この間はろねーと一緒になった時噂のパワードスーツ着せてもらいました
可愛い()

あれ、そういえば追加衣装何かまだ忘れてるような・・・?








2014102501 (18)

「買うなよ・・・俺には絶対買うなよ・・・」

瀧星君エンジェル購入検討中(残金2000カイモ)

2014102501 (19)

もはや誰だかわからない図




2014102501 (20)
ここまで衣装特集でしたが、今回のアプデで追加されたらせん迷宮は初日に門派で攻略しました(´∀`)





【おまけ】ミニックの効果
2014102501 (21)

やたら謎の引きをします(ただし、目当ての物は出ない)

[ 2014/10/25 14:34 ] 団長日記 | TB(-) | CM(0)

近況とか

おはようございます、ドーナツ頭です(パクり)

アプデ前ということもあるのでさくっと近況ほうこくでっす

2014102301.jpg

2014102301 (2)

先週の土日は門派で暗き制圧やりました!既にうみみん記事で既出感半端ないですが動画を撮ったので頑張って纏めてます(`・ω・´)


ししおーさんへ
遅くなりましたがみにーぬの先駆者の服です・x・

2014102301 (3)
2014102301 (4)
2014102301 (5)

あと珊瑚がダーク化して黒珊瑚になりました・x・
好物はブラックプディングだそうです

2014102301 (6)

丁度アプデもおわったのでまた次回・z・
[ 2014/10/23 15:43 ] 団長日記 | TB(-) | CM(0)

和織、冒険を始めます!

リン剣術士「和織(わおり)」の物語、始まります・・・。
2014102201.jpg

それは、突然の出会いだった。
2014102201 (2)
それから長い時間が過ぎた。

ずっと残った心の高揚感は、「あたち」を新しい世界へと導いた!

なのに、こんなことになるなんて・・・。

嵐のような海原の上、あたしは小船に乗せられている。

2014102201 (3)


身体が痛く重い。そして、その思考は、深い闇に沈むと同時に、
数日前のことを思い出していた。


2014102201 (4)


そう、あたちは元々、ある村にいる一匹の犬でちた。

そんなあたちの目の前に、とっても大きなヒトが座って、
あたちに言ったのです。
「ヒトとして、夢をかなえてごらん。」

それからしばらく、その言葉の意味が分からず、ごろごろしたりしてました。
そんなある日、目が覚めたら全てが変わっていたのでした!
聞こえるのはヒトの声。女のヒトですね。
意識を目覚めさせるには十分な声。
そして目を開けたら・・・

2014102201 (5)
あたちはヒトになっていたのです!

そんな戸惑うあたちの目の前で、手を腰にした女のヒトがこっちを
睨みます!
「早く起きて!もうお昼だよ!!」

わけの分からないあたちは、起きてから箱の上にあった服を着ました。
そして、その女のヒト、そう、覚えている。
この人の名前は「ジニーさん」だ!

どうして知ってるのかはあたちには分からない。
でも、はっきりとそれは分かるので、ジニーさんの前に進みまちた。

2014102201 (6)


そう言うと、ジニーさんはあたちの服の袷を直してくれました。
そう、ちょっと乱暴な感じはあるけど、とっても優しい先輩。
そしてあたちの身なりが整ったのを確認してから、一緒に隣の家に向かいます。

それがあたちたちの日課。
いえ、ジニーさんの日課。あたちはそう、心の中で言い直した。

そして隣に行って、男の先輩を起こちまちた。

2014102201 (7)

だらしない、ジニーさんの兄弟子・・・、キルホさんと、あたちのすぐ上の先輩、ユウ先輩。

そして二人が起きたのを確認して、ジニーさんと兄弟子の元へ行きます

2014102201 (9)


すると、ここでもう一人の先輩がいないと知りまちた。

ジニーさんと一緒に捜しに行くことになりまちた。

それなのに・・・、
あたちは見つけてしまったのです。

2014102201 (8)


そう、あたちは元々[犬]なのです。
だから、ついつい彼、彼女らとお話しちゃいます。
どうやら、昨日の夜に隠れてお肉を食べちゃったらしく、
おなかの調子が悪いようです。
それで、消化を良くする薬草を探していたんです。

2014102201 (10)


心配でついつい横に座っていました。
すると、おっきな先輩が咳払いをして、あたちを睨みまちた!
いけない!ジニーさんを追いかけなきゃ!!

少し離れた所でジニーさんはあきれた顔で待ってくれていまちた。
そのまま、合流すると、少し高い所で、すらっとした長い髪の男のヒトがいまちた。

2014102201 (12)

妙に落ち着いた感じの2番目のムソン先輩。
大きな鳥を肩に乗せながら、ジニーさんをからかいます。
そんなあたちたちの知らない所で、じっとあたちを見ているヒトがいるとは、このとき知りませんでちた。

そして朝礼。


2014102201 (13)

一同が顔を合わせます。

お体が悪いお師匠様。

2014102201 (14)

ずっと咳き込んでいます。だから、みんな心配してます・・・。
そんなお師匠様が、あたちを呼びつけて、奥の建物に走って行きまちた。

2014102201 (15)


病人とは信じられない早さです!

どうにかなれない二足歩行で階段を上がりきると、お師匠様のお部屋に入りまちた。


お師匠様に本を取って来るように言われて、近づいた所でまた発見!
机の上でダンディーなおじ様が!

2014102201 (16)
お師匠様そっちのけでお話しちゃいました><

ゴメンナサイを何度か言って、ようやく建物から出たあたちは、
先輩たちの元へ向かいます。

その間で見る風景。

2014102201 (17)

2014102201 (18)


大きくて広い中、色んなものがありまちた。

そしておっきな先輩に本を渡すと、先輩は一瞬、驚いた顔をして、
それから「おめでとう」と言ってくれまちた^^

2014102201 (19)


他の先輩も駆け寄って・・・、お祝いしてくれまちた。

それから剣をもらって、あたちのリン剣術士の一歩が始まったのです!

「あのヒトに近づけた!」

その嬉しい思いが、辛いハズの修行をがんばらせてくれまちた!

一通りの技を覚えると、突然、洞窟へと向かわされます。

おっきな先輩が一気に走っていってしまったので・・・。

2014102201 (20)



だけどどうにか辿り着きまちた。

洞窟の中で、木人形を倒した後、突然怪しい男が現れて、
あたちの攻撃にものともせず、あたちに酷いことをしました!
「痛いッ><」

すると怪しい男は、あたちに命令しますが・・・、

2014102201 (21)

言うことなんか聞いてあげません!

ようやく回復したら、怪しい男はムソン先輩でした!

「ようやく一人前だな!」
そういってくれた言葉がとっても嬉しかったあたち。
でも、その後ムソン先輩の顔が、一瞬怖く感じまちた!


ひとまず、修行は終わり!

2014102201 (22)

また、明日からもがんばろうと思うあたちでちた^^

つづく・・・。
[ 2014/10/22 15:52 ] わおりのふしぎな冒険記録 | TB(-) | CM(0)

[事故画像あり]卯美々とマシュターの日記

わんばんこ!卯美々です!(ニッコニコ^ω^
こんばんは、K2takaです。
本日は、二人でお送りさせていただきます。
2014102101 (1)
と申しますのも、この土日に色々とございまして、
私でなければということもあって、このような形にいたしました。

内容といたしまして、
>マシュターの進撃日記
>卯美々の奮闘記録(はなまるにじゅうまる)
>まとめ
         となっております。

長くなりますが、お付き合いいただければと思います。

それでは、日記をお送りいたしますw
※SSにて、お名前を載せております。
 ご都合の悪い方はご連絡ください。

じゃあ、マシュターの日記、始めちゃいま~す^^
2014102101 (2)
2014102101 (3)
ヘルメットをGETしたので、ロボ率が上がっちゃったマシュターですw
2014102101 (4)
2014102101 (5)
2014102101 (7)
2014102101 (8)
2014102101 (9)
ホント、感謝しておりますm(_ _)m
では、続けますねw
2014102101 (10)
2014102101 (11)SLinaさんと話してましたが、卯美々とマシュターでは視線が違いすぎて、違和感がすごいです。
必ず、チェンジするときは休息を入れるようにしてます。

で、そのまま無事に旅館まで帰って来れた訳ですが、
ちょっとカメラアングルを色々試していました!

で、この後3枚は女性NPCを写してみました。
2014102101 (12)
2014102101 (13)
2014102101 (14)



この後、閲覧注意です!
嫌いな方はスルーしてください。






で、実はこの後、ゲーミングマウスの反応がよすぎて・・・、
大変なものを見てしまったのですが・・・。




2014102101 (15)

見えちゃった・・・。」





この後、卯美々に祓われました>x<



以上がマシュターでしたw

全くマシュターはエッチなんですからぁ!

さぁ、ここからは卯美々の門派イベント2日目になります。
もふもふ団、暗き鮮血制圧へレッツゴーなのです!
2014102101 (16)
2014102101 (17)
2014102101 (18)

2014102101 (19)
2014102101 (20)

2014102101 (21)
2014102101 (22)
2014102101 (23)


さて、最後の怪しい変なおじさん♪ですね!
ここからはちょっと漫画風にどうぞですw

2014102101 (24)
2014102101 (25)
2014102101 (26)
2014102101 (27)
2014102101 (28)

あ、もちろん会話内容などはフィクションですw
ちょっと、かわいそうだったかな?

2014102101 (29)
2014102101 (30)

[ 2014/10/21 08:43 ] とある卯美々の奮闘記録 | TB(-) | CM(0)

何だか、次々やらなきゃいけないような!

わーばんこっこー!(「>w<)「ガオー
卯美々でごじゃります(*´ω`*)
01.jpg

すっかり寒くなってきた気がする今日この頃です!
皆さん、風邪引かないようにご注意くださーい!

さてさて、最近は胡桃で大忙しな卯美々です。 というのも、『おっぷでぇと』が発表されて、
流石に今の装備をどうにかしなきゃと思っています>д<

てな状態の卯美々の、近況をお話しますね!※SSにて、お名前を載せております。
 ご都合の悪い方は、ご連絡ください。

まずは、やっぱり進行具合です。

やっと香水が30個たまって悪女を10段階に上げられました! でも、次の真 悪女に進化石が必要・・・。高価だ・・・。
アクセも、また香水を集めなきゃいけない。

このあたりをこなされた方々を尊敬します。 ぼちぼちやってる卯美々にはとっても高いハードルなので!

まぁ、文句言っても仕方ないので、地道にお金を集めます><

そして、ひとまず武器を強くした結果、

02.jpg

ジャンさんを倒すことができました! ホント、何度もチャレンジしました!
門派のみんなに声援いただいたり、教えてもらったり、

「卯美々ばっかり狙うロリジャンだぁー!」

などの暴言を聞いてくれたり(るーちゃんありがとです。) 皆さんのおかげでクリアできました!

でも、ホント困ったバグがありまして、 途中でジャンさんの姿が全く見えなくなった状態が
2・3度ありました><(どこにいるか分からない!)
あの「こそーっ」て寄ってくるんじゃなくて、ずっと姿は見えず、いつもどおりの動きをする声だけが響き渡り、見当のつかないまま斬られるという状態!最悪です><

なんか、色々と不具合が多いと思います! ま、ここでいっても仕方ないですね。

それから、門派の方々が足手まといに関わらず4人鮮血に誘ってくださいました。

ここはもう、下手っぴな上、貧弱装備な卯美々を優しく 指導してくださったみなさんのおかげで!
見事にクリアできました!!!

って、ついていくのに必死でSSが撮れてないです!

03.jpg

でも、その中で手に入ったメガモリ髪をみっちさんがGETされました!
おお、髪が揺れてます!
ちなみに卯美々も試着させていただきましたw

04.jpg

05.jpg

おお、お耳のトコが気になりますね!

まぁ、まさかまさかでこの難解を突破できたのは感涙でした\(>o<)/

みっちさん、猫奴さん、カヲルさん、お世話になりました^^

それからは門派の皆さんと一緒に色々回ったりしてます。

06.jpg

07.jpg

みんな、いい人で楽しいですw

そういう日常ですが、色んな景色も楽しんでますw

08.jpg

09.jpg


お友達になったメリスさんに教えてあげましたw

10.jpg

壮大な滝です!さて、ここはどこでしょう?

11.jpg

さっきの滝の先にある景色ですw

12.jpg


コレを見たら分かりますよね!

20.jpg

んー、これは桜って言うより、梅かなぁ?

13.jpg

移動中もいっぱい見所満載!

14.jpg

今、ここが一番のお気に入りかもです(*´ω`*)

15.jpg

綺麗な景色、いっぱいですよね^^

景色見るのも楽しいですw

さて、後は昨日行われたりんごさんの「レイドだよ!全員仲良く
暴風行こう!」(勝手につけました><)イベント参加しましたw

楽しかったですよ!
色んな方に会えて、胡桃もまだまだ盛り上がって欲しいですw

16.jpg

空中でおどってます^w^?!

17.jpg


ここにいたんですけどね!

18.jpg

りんごさん、色々ありがとうございましたw
また、みんなで集まってやりましょう!
参加された皆さんも、ありがとうございました^^

そして最後は旅館に帰りました。

19.jpg

あの後だけに寂しいですね・・・。
もう、ここに集まる方は少ないから・・・。

さて、以上です。
しばらくは胡桃で卯美々とマシュターもがんばってみます。
3姉妹はおっぷでぇとの後で、ぼちぼち続けますね!

では、失礼しますw

あ、あのシリーズ、さくせー中です。
[ 2014/10/16 01:43 ] とある卯美々の奮闘記録 | TB(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。